スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つっぴん♪

「ツッピンとびうお」という歌をご存知でしょうか?私はしりませんでした(笑)。

歌詞はこんな感じ。

ツッピン♪ ツッピン♪ とびうおツッピンピン♪

 近々私の勤め先で音楽会が開催予定。何を間違ったのか「合唱の『とびうおツッピン』伴奏してくれませんか?」という依頼が。頼む人間間違えてませんか、旦那。

「前たまたまピアノの部屋の前通ったらペラペランって弾いてたでしょ?あの浅田真央のスケートの曲」

 たまにうっぷん晴らしのため(爆)に演奏するが……まさかの聞かれていたのかー!!あの自己流の塊の演奏を(笑)…。しかもキラリンの弾く曲って大体ベートーベンとかワグナーとかカバレフスキーとか、なんか短調系の激しい曲ばかしなんだけど。そんな平和な「ツッピンピン♪」なんて心の底から気が向かない。

「えーと、私なんかが弾いたらぶち壊しになりませんか?」
「全然大丈夫っ!引き受けてくれて助かった~(え?)。はい、楽譜」

 楽譜は大して難しくなかったが、まったく弾いてないのはまずかろうと思い何日か練習。とりあえず楽譜を見て弾けるくらいにはなる。

 ということで昨日初めて、一緒にセッション。……全然弾けませんでした。失敗しまくりでした。マジ途中で泣きそうになりました。原因分析。

 ①ピアノが違う。いつも部屋で弾いているスタンドピアノはかなりハンマーが軽い。でも使用するピアノはグランドピアノ。比べると鍵盤がやっぱり重いです。

 ②歌声につられてしまう。しかも一度音をこぼすと歌っているので、途中の戻りがきかない。一人で好き勝手に演奏してるのとわけが違う。

 ③練習不足。

 ……いや、多分一番の原因は③なんだけどね。大ピンチ。ほかの人たちが「大丈夫、最高ですよ」という、まったくフォローになっていない慰めをくれるところが辛し。しかし、何か歌う側にとっては妙な危機感をもたらしたのか「ピアノの失敗を歌でカバーしよう」的な雰囲気が。災い転じて福となる(違う)。申し訳ないことこの上なし。

 そんなわけで昨日から久方ぶりにピアノをかなり真面目に練習。指が痛い。あまりの馬鹿さに替え歌作成。

 ピンチ♪ ピンチ♪ ピアノがピンチッチ♪
 指が動かず間違える♪ 練習しすぎて腱鞘炎♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きち

Author:きち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。